ARTIST

Erris Huigens

エリス・ハジェンズ

  • 2012年
  • ショートステイ
  • 滞在制作

オランダ生まれ。Erris Huigensは"Graphic Surgery"というユニットで、Gysbert Zijlstraと活動している。Graphic Surgeryは都市景観から様々な視覚的要素を分解し、スキャニング、デジタル編集、印刷、コピー、ステンシルなどを駆使することによって、異なるイメージへと直感的に再構築することで作品制作を行なっており、この制作過程を「グラフィック手術=Graphic Surgery」と呼んでいる。
これらカット&ペーストによる制作方法は、一見ごく現代的な方法の中で行われているように見えるが、コラージュ、ペインティング、デッサン、スクリーンプリント、エッチングなど、古くから使われている様々な手法が形を変えて幅広く用いられていることを明示している。
作品はオランダ、パリ、ブリュッセル、ルクセンブルク、ロサンゼルスの展覧会で数多く展示されている。Graphic SurgeryのメンバーであるErrisとGysbertは、互いに影響し合いながら、現在も様々なマルチメディアアーティストとともにプロジェクトを共同展開している。

Graphic Surgery deconstruct visual samples from the city environment and reconstruct these intuitively into altered images by use of scanning, digital editing, printing, photocopying and stencil techniques.

They started referring to this self sufficient process as graphic surgery. This cut and paste approach has manifested itself through different techniques applied on a wide range of vintage materials, for instance: collage, painting, drawing, screenprinting, etching and digital printing.

The work of Graphic Surgery has been shown in numerous exhibitions throughout the Netherlands, Paris, Brussels, Luxembourg and Los Angeles. Currently they are collaborating on various projects with several interaction and multimedia artists.


http://www.graphicsurgery.nl/