ARTIST

Jeroen Bisscheroux

ヨルン=ビシュルー

  • 2013年
  • ロングステイ
  • 滞在制作

1963年、オランダ生まれ。アーティスト、デザイナー。
私は公共スペースや都市の中にあるもの、或いは社会的に重要な役割を果たす側面(性格)を持つプロジェクトに、作品制作やアーティストとしてのコンセプトの焦点を置いています。
これらのコンセプトは私が一緒に働いている多種多様なグループから大きな力や関心を引き起こしてくれます。

どのようにして工程が進んでいったのか、どのようにして決定に辿り着いたのか、そして何がこれら決定の結果なのか。彼らと共に働くことで、自分の周りで何が起こっているのか、まるで高画質な画像を見るかのように鮮明に理解できます。
私は自分自身の美術作家としての役割や、自分の社会的な意味をを明確に判断するためにも、これらの工程全てに関心を抱いています。

公共スペースでの美術制作の現場でで発生する制限や規制はアートを創る過程の一部であり、また既存のルールや規制と想像力の間に起こるせめぎ合いは、非常に興味深い要素です。
物理的もしくは技術的に可能な範囲の中で、最終的に制限を超えるのは想像の力でなくてはなりません。
私が作るほとんどの作品は相互性を持ち、ユーザーや参加者、観客に、異なった、より個人的な現実を投げかけようとしています。
このようにして私の作品は、建築や美術、デザインの間で、次第にバランスを取り合うようになりました。

artist / designer
Heerlen, Netherlands 1963.
In my artwork and as an artist I focus on concepts for public and urban space, projects with a social character are playing a major role. These concepts generate a great deal of energy and engagement from the widely diverse groups whom I'm working with.

This way I gain a sharper picture of what is happening in the society around me, how public processes evolve, how decisions are reached and what the results of these decisions are. I'm interested in all of this in order to more clearly determine my own role as artist and apply myself in relevant social contexts.

The practical limitations of art in public space are part of the creative process. The field of tension between the power of the imagination and existing rules and regulations is an interesting factor. Within the margins of what is physically or technically possible, it is the imagination that must ultimately transcend the limitations. This way, I'm trying to offer the users, participants and audiences a different, more personal reality.

My work is increasingly balanced between architecture, fine art and design.

WORKS

Jeroen BisscherouxJeroen BisscherouxJeroen BisscherouxJeroen BisscherouxJeroen BisscherouxJeroen BisscherouxJeroen BisscherouxJeroen Bisscheroux