ARTIST

Maik ter Veer

マイク・テ・フィール

  • 2011年
  • ロングステイ
  • 滞在制作

オランダ生まれ。
Maik ter Veerは、芸術とテクノロジーの祭典Robodockの創始者と芸術監督である。溶接工、発明者、魔術師、ギタープレイヤー、美食家で空想的理想主義者。彼は奇抜な平行世界を、荘厳で工業的なイベントの中で構想し、再生成する。

彼は90年代アムステルダムのスクワット・カルチャーの申し子であり、芸術と都市のプラットフォームを担う「フリーゾーン」の閾値における熱っぽい唱道者である。彼にとって都市とは、興味を起こさせ、よみがえらせる力を保つために、オーガニックで無秩序で自然で予期せぬものでなければならない。都市の周辺にある自由な芸術表現は、幸福で健やかであるための発展的重要性を持つ。

Maik ter Veer is the initiator and artistic director of the arts and technology festival Robodock. Welder, inventor, Magus, guitar-player, bon-vivant and utopian, he envisions whimsical parallel realities and recreates them in awe-inspiring, industrial events. A child of Amsterdam's squat-culture in the nineties, he is an effervescent advocate of the liminal 'free zones' as platforms of artistic and urban innovation. To him, cities must be organic, messy, spontaneous and serendipitous in order to be interesting and retain their regenerative power. Untrammeled artistic expression at the fringe of the city is of seminal importance for its happiness and health.


http://www.robodock.org/