NEWS

◆エヴァ=デ・クラーク講演/プロジェクトブースターの役割、トークセッション/なぜ我々はこの場所に惹.

2014.03.01 20:06 ‚ news > 2013

【要予約】『エヴァ=デ・クラーク講演 / プロジェクトブースターの役割』 『トークセッション / なぜ我々はこの場所に惹かれるのか?』
Artist-in-Residence in SHIPYARD
大阪の造船工場跡地を改修した複合芸術施設「クリエイティブセンター大阪」と、同じくオランダはアムステルダムに位置する広大な造船工場跡地を改修したアーティスト・ラン・スペース「NDSM Werf」は2011年から国際連携プログラムを実施してきました。

今年度はNDSM Werfで活躍するアーティストの長期滞在制作を実施するほか、造船所跡地である NDSM Werfをアート施設として再生を果たしたエヴァ・デ=クラーク、そして現NDSM Werf財団代表を務めるアンヌ・マリー=ホーグランドが来日します。

クリエイティブセンター大阪 http://www.namura.cc
NDSM werf http://www.ndsm.nl/en/

申込はコチラから https://docs.google.com/forms/d/1iPIvrIDRFvzeq-otAJTQ7x0aqemUJUfWD6sqc1x5VL8/viewform
※要予約、途中入場可


◆第一部はクリエイティブプロジェクト・ディベロッパーであるエヴァ=デ・クラークの講演『プロジェクト・ブースターの役割』を開催します。


Eva-de Klerk エヴァ=デ・クラーク
http://www.evadeklerk.com/ja/
1965年、イギリス生まれ。オランダ・NDSMのディベロッパー。

エヴァは、アーティストが退去を迫られていたNDSM造船所跡地での法的整備を整え、84000平米の土地の一時活用権を人々のために獲得しました。開発理念、実行可能性の調査とその評価、必要財源の確保や追加助成金の手配など、デザインから建築許可に至るまで全ての工程責任を一任され、劇場関係者、スケートボーダー、信頼のおける起業家とともに巨大な造船ホールへと作り上げました。
彼女の独特のプロジェクトが起爆剤となり、NDSMはいつしか財団へと成長しました。

彼女は自分の役割を『プロジェクト・ブースター=事業起爆剤』と名乗ります。
その手法は、周辺の地域共同体などを通じて様々な人々に実態を紹介、可能な限りのアイデアを集結していくという、想定外な手法で様々な課題に挑戦しています。


◆第二部は、『なぜ我々はこの場所に惹かれるのか?』と題し、 クリエイティブプロジェクト・ディベロッパーのエヴァ=デ・クラーク、NDSM Werf財団 代表のアンヌ・マリー=ホーグランド、そしてクリエイティブセンター大阪のプロデューサーでありART COMPLEX 代表である小原啓渡の三者によるトークセッションを行います。

小原は、『アートの複合=コンプレックス』をテーマに、劇場プロデュースの他、文化支援ファンドの設立や造船所跡地をアートスペース「クリエイティブセンター大阪」に再生するなど、芸術環境の整備に関わる活動を続けるほか、文化芸術を都市の集客や活性化につなげる数々のプロジェクトを打ち出し続けてきました。

ともに造船所跡地という場所に可能性を見出し、リノベーションを行い魅力的な土地へと蘇らせた彼らから、土地の持つ可能性について、発展の過程や人々との関わり、そして規制という壁など、さまざまな角度から語ります。


Anne Marie Hoogland アンヌ・マリー=ホーグランド
1967年オランダ生まれ。2010年からNDSM wharfの代表に就任。


小原 啓渡 コハラ ケイト
http://www.artcomplex.net
1960年日本生まれ。クリエイティブセンター大阪、ART COMPLEX1928などを運営するART COMPLEX代表。大阪市立芸術創造館 館長。

▶ 申込はコチラから https://docs.google.com/forms/d/1iPIvrIDRFvzeq-otAJTQ7x0aqemUJUfWD6sqc1x5VL8/viewform
※要予約、途中入場可

【日時】 3月7日(金)19:00-21:00 無料、定員50名
     ※ヨルン=ビシュルー制作発表初日
【場所】 グランフロント大阪 北館/ナレッジキャピタル7階 「ナレッジサロン」
【内容】 第一部 19:00-19:30
      講演『エヴァ=デ・クラーク:"プロジェクト・ブースター"の役割』

     第二部 19:45-20:45
      トークセッション
      『小原啓渡+エヴァ=デ・クラーク+アンヌ・マリー=ホーグランド:なぜ我々はこの場所に惹かれるのか?』

      司会: hime( オフィスディーバ)

【問合せ】 クリエイティブセンター大阪 06-4702-7085 / cco@namura.cc