CCO blog

Schedule

September,2019
October,2019

Last Update

2019.11.10
コスプレ交流会COS JOY 大阪 造船跡地
2019.10.20
コスプレ交流会COS JOY 大阪 造船跡地
2019.10.13
すみのえアート・ビート 2019
2019.10.09
クリエイティブセンター大阪 ミニ見学ツアー vol.102
2019.09.29
大阪 VAPE PARTY 夏の陣
2019.09.29
コスプレ交流会COS JOY 大阪 造船跡地
2019.09.28
THE GAME SHOP presents GAME ROCK BOMB OSAKA
2019.09.15
06 BASE

Archives

  • October,2019
  • September,2019
  • August,2019
  • July,2019
  • June,2019
  • May,2019
  • April,2019
  • March,2019
  • February,2019
  • January,2019
  • December,2018
  • November,2018
  • September,2018
  • August,2018
  • July,2018
  • June,2018
  • May,2018
  • April,2018
  • March,2018
  • February,2018
  • January,2018
  • December,2017
  • November,2017
  • October,2017
  • September,2017
  • August,2017
  • July,2017
  • June,2017
  • May,2017
  • April,2017
  • March,2017
  • February,2017
  • January,2017
  • December,2016
  • November,2016
  • October,2016
  • September,2016
  • August,2016
  • July,2016
  • June,2016
  • May,2016
  • March,2016
  • January,2016
  • December,2015
  • November,2015
  • October,2015
  • September,2015
  • August,2015
  • July,2015
  • May,2015
  • April,2015
  • March,2015
  • September,2014
  • August,2014
  • July,2014
  • June,2014
  • May,2014
  • past...
  • Categories

    Search

    Links

  • CCO HOME
    Google MAP
  • artcomplex.net
  • リッジクリエイティブ株式会社
  • Salon des artistes Arata pendants Vol.4 第四回 アラタパンダン展

    2016.07.16 13:00 ‚ infomation , イベント情報



    □日時:
    2016年7月16日(土) - 18日(月)
    13:00 - 21:00
    (最終日のみ18:00まで)

    □作家
    浅井大河/いぬ/オカモトアユミ/釘宮麻由子/迫一成/
    下東英夫/鈴侑馬/タカギリオ/ながいゆい/林葵衣/平野新


    □入場料=Pay it yourself
    0円│500円 │700円│1,000円(料金選択制)※
    ※観覧料として頂く料金ではありません。今回頂いた入場料につきましては、次回展覧会及び企画運営費として使用いたします。

    □クロージングパーティ
    ‘City Boy Lounge × Arata pendants’
    17日(日), 19:00–22:00 入場料1,000円(観覧料込み)
    https://www.facebook.com/cityboylounge/

    ―アラタパンダン展とは
    フランス発祥の展覧会アンデパンダンと主催者の名前アラタを合わせて作られた造語。
    アンデパンダンの自由出品、無審査から象徴される自由な骨格をそのままに、
    分野、様式、ジャンル、キャリア、あらゆる尺度を取り払った新しい展覧会です。

    潮流、變化について
    私たちのプロジェクトは終着地点が決まらないまま出てしまった旅のようなものです。
    支流から支流へ流れのままに漂流し、舞台は造船所跡地へと移りました。
    私たちの思考は社会の状況や、周囲の環境、時間、場、ありとあらゆるものからあまねく影響を受け、日々(断続的に)變化していきます。
    本展は、變化に抗わず、受け入れる(認める)事で變化の顕在化を図り、
    さらにflux(潮流)というサブタイトルを設けます。
    新たな水脈で合流する作家、
    作品に結びつく視線、さらに各々が元いた支流へと還るまで。
    プロジェクトに関わる全てが作品となります。


    二度と同じ川に足を踏み入れることはできない
    One cannot step into the same river twice.
    —HERACLITUS

    http://www.aratapendants.net/
    https://www.facebook.com/aratapendants/
    https://twitter.com/Arata_pendants